札幌市 第1655回経営者モーニングセミナー テーマ「こんな夜更けにバナナかよ〜感動実話との出会い」 2019年1月10日(木) : モーニングセミナーの予定と報告

[ PC版TOP ]

札幌市 第1655回経営者モーニングセミナー テーマ「こんな夜更けにバナナかよ〜感動実話との出会い」 2019年1月10日(木)

2019/01/10

<画像>

第1655回 経営者モーニングセミナーは、講師に

大泉洋さん主演映画
「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」
企画・プロデュース

松竹株式会社
映像企画部チーフプロデューサー

石塚 慶生(いしづか よしたか)氏
をお迎えして、

テーマ「こんな夜更けにバナナかよ〜感動実話との出会い」

にてご講話いただきます。


★★★制作現場を知る二人が大いに語るトークショー開催
★★★

映画プロデューサー石塚氏と
原作の出版に尽力した文藝春秋の菊地氏
とのトークイベントです。

日 時:1月9日(水)19時〜
    受付は18時30分〜
場 所:白石区民センター白石区南郷通1丁目南8
   【地下鉄白石駅6番出口すぐ】駐車場無料
参加費:1,000円
※参加ご希望の方は、実行委員会(村上智一)までお問い合わせください!
shikavola@yahoo.co.jp
村上携帯:080-6086-1919

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」は、
札幌在住の筋ジストロフィー患者、
鹿野靖明(34歳)の笑いと涙の感動実話!

幼少の頃から難病の筋ジストロフィーを患い、
体で動かせるのは首と手だけ。
人の助けがないと生きていけないにも関わらず、
病院を飛び出し、風変わりな自立生活を始める。
自ら大勢のボランティアを集め、わがまま放題。
ずうずうしくて、おしゃべりで、ほれっぽくて!
自由すぎる性格に振り回されながら、
でも、まっすぐに力強く生きる彼のことが
みんな大好きだった―。
そんな鹿野靖明さんと、彼に出会って
変わっていく人々の人生を、
笑いあり涙ありで描く最高の感動実話!

筋ジストロフィー患者と
ボランティアとの人間模様を描いた
映画の心を語ります。


■プロフィール
1969年生まれ鳥取県米子市出身。
コマーシャル映像の制作などに関わった後、松竹に入社。
映画プロデューサーとして
『子ぎつねヘレン』
実写版『ゲゲゲの鬼太郎』
『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
『ディトラクション・ベイビーズ』
『一週間フレンズ。』
などを手掛ける。
2012年公開の『わが母の記』は
第35回モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリや
日本アカデミー賞優秀賞を受賞し、
同作品では映画製作者に与えられる
第32回藤本賞・奨励賞を受賞した。
2020年『記憶屋』が公開予定。


【初参加の方へ】
モーニングセミナーへ参加される際は、
予約することなく、当日、
会場へお気軽に足をお運びください。

会場到着後、受付にて
「ホームページ見てきました」と
お伝えください。



■会場情報
開催曜日:毎週木曜日
開催時間:モーニングセミナー 6:30〜7:30まで
     朝食会 7:45〜8:15まで
     ・コーヒー&ドリンク 300円
      ご参加いただいた皆様へ桜茶をご準備しております。
      初参加の方はドリンク無料です。

開催場所:ホテルレオパレス札幌
北海道札幌市中央区南2条西8丁目6-1
TEL: 011-272-0555 FAX: 011-272-0567
駐車場:有り(ホテル西側)
    タイムズ南2西9、タイムズ南2西9第2(3時間まで無料)
    タイムズ南2西9第3(200円の補助有り)
    ※ホテル地下駐車場のご利用は宿泊者専用のためご遠慮願います。


[ →PC版ページはこちら ]

 
コメント ( 0 )

トップ | 一覧へ戻る | PC版
Copyright © 札幌市倫理法人会
powered by WebBoard